Line

バッテリー交換と再生バッテリー



バッテリーは交換することも必要です。 マメにエンジンをかけるようにしたり、バッテリー液の補充などをしたりしていても、バッテリーは時とともに劣化していきます。 最終的には寿命がきて交換ということになります。

バッテリーは非常に重要なパーツです。 バッテリーがダメだとエンジンはかかりません。 ですので意外に高いバッテリーですがしぶしぶお金を支払ってきたと思います。

ところが再生バッテリーを利用すると新品バッテリーではありえない びっくり安値でバッテリー交換ができます。 今の再生技術を利用すれば、新品の能力の90%以上を取り戻すことも可能なようです。 その上で値段はかなり安いのですから、利用しない手はないですよね。

例えば、同規格の新品を買うよりも、再生バッテリーですこしパワーが大きいのを買うという手もありだと思います。

バッテリー交換にびっくり安値の再生バッテリー」がきっと参考になります。

再生バッテリーが普及すると今のような安いままかどうか分かりません。安いうちに買い求めておくことも一つの手ですね。 再生バッテリーは、じつは地球環境にも優しい優れた選択なんですよね。

Line


愛車の整備

気になる記事ピックアップ

電動ドアの故障
電動ドアの故障も大変です。普段は便利な電動のスライドドアですが、故障したときには面倒です。あけようとしたときに少しだけ開いて、止まってしまい、電動のままではきちんと閉まることもできなくなったり。手動で閉めてもセンサーが働いて半ドアの警告をし続けることも。しっかり修理が必要です。

ボディの凹み
ある日なんとなくボディがへこんでいることに気づきました。いつのタイミングであてられたのか、全然見当もつかないので、自分で修理するしかないですが、悔しいですね。きっとどこかで駐車中にやられたのかな。板金修理もけっこうするので、痛い出費なのでした。

自動車購入のためのローン選び
新車であれ、中古車であれ、自動車を購入するというのは大きな買い物です。 なかなか現金で一度に払うというのは難しいで.....

ハロゲンランプの存在感
昔はヘッドライトといえばハロゲンランプでした。ところが見やすくて省電力なHIDなどのランプが普及して、ハロゲンランプの存在感は少なくなっています。時代の流れですね。ハロゲンランプは熱を持つので消費電力も大きいです。ちなみに寒冷地では案外発熱が役立つこともあるみたい。

フロントガラスのキズ
飛び石などがあたってフロントガラスにキズができることがあります。ほうっておくと、走行時の振動などでキズが広がっていくことがあります。そうならないために、小さい傷は早めにリペアすることが大事です。リペアグッズもありますが、プロのリペアを利用するほうが安心かもしれません。

Copyright © 2007-2019 中古車|買取|廃車|車検|自動車なんでも聞いて. All rights reserved