Line

バッテリー交換と再生バッテリー



バッテリーは交換することも必要です。 マメにエンジンをかけるようにしたり、バッテリー液の補充などをしたりしていても、バッテリーは時とともに劣化していきます。 最終的には寿命がきて交換ということになります。

バッテリーは非常に重要なパーツです。 バッテリーがダメだとエンジンはかかりません。 ですので意外に高いバッテリーですがしぶしぶお金を支払ってきたと思います。

ところが再生バッテリーを利用すると新品バッテリーではありえない びっくり安値でバッテリー交換ができます。 今の再生技術を利用すれば、新品の能力の90%以上を取り戻すことも可能なようです。 その上で値段はかなり安いのですから、利用しない手はないですよね。

例えば、同規格の新品を買うよりも、再生バッテリーですこしパワーが大きいのを買うという手もありだと思います。

バッテリー交換にびっくり安値の再生バッテリー」がきっと参考になります。

再生バッテリーが普及すると今のような安いままかどうか分かりません。安いうちに買い求めておくことも一つの手ですね。 再生バッテリーは、じつは地球環境にも優しい優れた選択なんですよね。

Line


愛車の整備

気になる記事ピックアップ

思い立ったら吉日
あなたの愛車の価格はどんどん低下しています。 愛車を売る最高のタイミングは、思いついたらすぐでしょう! 例えば、経年による劣化.....

バンパーのくぼみ
バンパーをどこにぶつけたのか、こぶし大よりちょっと大きいくぼみができました。でも知っている整備工場に持っていったら、タダであっという間に直してくれました。ボイラーで温めて、頃合を見て叩いてやったら自然にぼこっと戻ってきたのでした。見た目もほとんど後が分からないほどの仕上がりに驚いたのでした。

ランプ切れ
テールランプの球切れは、なかなか気づきにくいです。ときどき点検するには、頻度も少なく、忘れた頃に切れるので面倒です。明るい道路ばかりを走っている人なら、ヘッドライトの球切れもなかなか気づかないこともあります。球切れってけっこう気づかれない故障の一つです。

ウォッシャー切れ
意外と困るのがウォッシャー液がなくなったとき。天気のいい日や、完全な雨のときはあまり気にすることがないですが、フロントガラスの汚れが目立つようなコンディションの道路や天候のときのドライブでウォッシャー液が切れると安全運転に支障がでます。しっかり確認することが大事です。

車のカラカラ音
起伏の大きい場所で、思いっきりクルマのハラを擦り、テンションが下がりました。しかも、その直後から、カラカラという音がしだして。整備工場に相談したら、マフラーをとめる金具がサビの影響もあって切れていました。整備士さんの機転で針金固定で大丈夫と言うことだったので、格安で修理ができテンションも戻ったのでした。

Copyright © 2007-2017 中古車|買取|廃車|車検|自動車なんでも聞いて. All rights reserved