Line

アメ車の中古車選び



アメ車(アメリカ製の車)は世界的にすごく人気がある自動車です。 ところが、中古車を選ぶときにアメ車を敬遠する人も多いです。 あなたはアメ車にどんなイメージを持っていますか?
アメ車といえば、キャデラックやシボレー、クライスラー、ハマーといった車が定番だと思います。
もちろん車種にもよりますが、アメ車って、ベンツやBMW等のドイツ車よりも比較的お手頃価格で手に入る場合が多いということは知っていますか?

ただ、先ほども少し触れたように、中にはアメ車の中古車を敬遠する人も多いです。 なぜだと思いますか? それはアメ車には壊れやすいというイメージがあるからです。
このイメージは果たして正しいのでしょうか? アメ車のほうが日本車より「エンジン」や「ボディ」の耐久性が優れていると言われています。 ではなぜアメ車に壊れやすいというイメージが付いたのでしょうか? それは、「メーターの巻き戻し」が関係しているそうです。
アメ車の中古車を輸入する際に、なんとメーターの巻き戻しが行われている場合があるのです。 メーターの巻きも戻しはもちろん不正なことです。あってはならないことです。 今は取締りが厳しいので減ったようですが、過去においては結構あったようですよ。
ひどい場合は10万キロ以上の巻き戻しがあったりします。 すごく残念なことですが。
こういう状況の中で、「見た目の走行距離(=巻き戻されたメーター)の割りには壊れやすい」と認識されるようになったようです。 メーターの巻き戻しは過去においてはアメ車に限ったことではなかったようですが、アメ車はとくに目立ったのかもしれませんね。
とにかく、アメ車でも不正を行わないようなちゃんとしたお店で選べば、中古車であろうと状態がよく長持ちする自動車を手に入れることができます。

中には輸入車にPL保険をかけていることがあります。 アメ車を中古車から選ぶ場合は、PL保険をかけている販売店で購入するとより安心できるでしょう。
車の故障によって被害を受けたとき、製品に欠陥があることと、その欠陥と損害の因果関係が証明されれば損害賠償を受けることができます。

アメ車の中古車選びでは一つ注意したいことがあります。 それは車体のさびです。
アメ車の輸入車は船で日本に運ばれてくることが多いです。 長い時間船に積まれて海上にあるため、車体がさびている場合があります。
アメ車は日本車に比べると、整備されていない道を走ることも多いです。 車体の下の方に傷が多い傾向があることを見落としてはいけません。 購入前は車体の下にも目を向けましょう。


Line


中古車を買う

気になる記事ピックアップ

思い立ったら吉日
あなたの愛車の価格はどんどん低下しています。 愛車を売る最高のタイミングは、思いついたらすぐでしょう! 例えば、経年による劣化.....

バンパーのくぼみ
バンパーをどこにぶつけたのか、こぶし大よりちょっと大きいくぼみができました。でも知っている整備工場に持っていったら、タダであっという間に直してくれました。ボイラーで温めて、頃合を見て叩いてやったら自然にぼこっと戻ってきたのでした。見た目もほとんど後が分からないほどの仕上がりに驚いたのでした。

ランプ切れ
テールランプの球切れは、なかなか気づきにくいです。ときどき点検するには、頻度も少なく、忘れた頃に切れるので面倒です。明るい道路ばかりを走っている人なら、ヘッドライトの球切れもなかなか気づかないこともあります。球切れってけっこう気づかれない故障の一つです。

ウォッシャー切れ
意外と困るのがウォッシャー液がなくなったとき。天気のいい日や、完全な雨のときはあまり気にすることがないですが、フロントガラスの汚れが目立つようなコンディションの道路や天候のときのドライブでウォッシャー液が切れると安全運転に支障がでます。しっかり確認することが大事です。

車のカラカラ音
起伏の大きい場所で、思いっきりクルマのハラを擦り、テンションが下がりました。しかも、その直後から、カラカラという音がしだして。整備工場に相談したら、マフラーをとめる金具がサビの影響もあって切れていました。整備士さんの機転で針金固定で大丈夫と言うことだったので、格安で修理ができテンションも戻ったのでした。

Copyright © 2007-2013 中古車|買取|廃車|車検|自動車なんでも聞いて. All rights reserved