Line

アメ車の中古車選び



アメ車(アメリカ製の車)は世界的にすごく人気がある自動車です。 ところが、中古車を選ぶときにアメ車を敬遠する人も多いです。 あなたはアメ車にどんなイメージを持っていますか?
アメ車といえば、キャデラックやシボレー、クライスラー、ハマーといった車が定番だと思います。
もちろん車種にもよりますが、アメ車って、ベンツやBMW等のドイツ車よりも比較的お手頃価格で手に入る場合が多いということは知っていますか?

ただ、先ほども少し触れたように、中にはアメ車の中古車を敬遠する人も多いです。 なぜだと思いますか? それはアメ車には壊れやすいというイメージがあるからです。
このイメージは果たして正しいのでしょうか? アメ車のほうが日本車より「エンジン」や「ボディ」の耐久性が優れていると言われています。 ではなぜアメ車に壊れやすいというイメージが付いたのでしょうか? それは、「メーターの巻き戻し」が関係しているそうです。
アメ車の中古車を輸入する際に、なんとメーターの巻き戻しが行われている場合があるのです。 メーターの巻きも戻しはもちろん不正なことです。あってはならないことです。 今は取締りが厳しいので減ったようですが、過去においては結構あったようですよ。
ひどい場合は10万キロ以上の巻き戻しがあったりします。 すごく残念なことですが。
こういう状況の中で、「見た目の走行距離(=巻き戻されたメーター)の割りには壊れやすい」と認識されるようになったようです。 メーターの巻き戻しは過去においてはアメ車に限ったことではなかったようですが、アメ車はとくに目立ったのかもしれませんね。
とにかく、アメ車でも不正を行わないようなちゃんとしたお店で選べば、中古車であろうと状態がよく長持ちする自動車を手に入れることができます。

中には輸入車にPL保険をかけていることがあります。 アメ車を中古車から選ぶ場合は、PL保険をかけている販売店で購入するとより安心できるでしょう。
車の故障によって被害を受けたとき、製品に欠陥があることと、その欠陥と損害の因果関係が証明されれば損害賠償を受けることができます。

アメ車の中古車選びでは一つ注意したいことがあります。 それは車体のさびです。
アメ車の輸入車は船で日本に運ばれてくることが多いです。 長い時間船に積まれて海上にあるため、車体がさびている場合があります。
アメ車は日本車に比べると、整備されていない道を走ることも多いです。 車体の下の方に傷が多い傾向があることを見落としてはいけません。 購入前は車体の下にも目を向けましょう。


Line


中古車を買う

気になる記事ピックアップ

事故車や走行不能車でも
事故車や走行不能車でもあきらめるのは早いです。 修理前の事故車や走行不能車の買い取り査定を行っているサービスがあるからです。修理せずに買取し.....

エンジンのパワー
車を運転していて何気に、パワーにむらを感じるときがあります。追越など、加速が欲しい時に、なかなか加速してくれない事もあります。上り坂で予想以上にパワー不足を感じることも。エンジンも調子のいいときと、悪いときがあるみたいです。そんなときは、エアコンを切ったり、バッテリーの負担を減らすと復活することもあるのでした。

ブレーキのトラブル
ブレーキ関係のトラブルは大きな事故につながりやすいので注意が必要です。よく知られるトラブルとしては、雨天時の路面でスピードを出すことで起こりやすいハイドロプレーニングでしょう。また長い下り坂で、加熱したブレーキが原因のトラブルもあります。安全運転には忘れられない基本です。

駐車場で当て逃げ
ショッピングセンターで買い物して、自動車に戻ってくると、ぶつけられて、片側のヘッドライトが粉々になるほどの状況でした。ただあたりが暗くて、気づかないまま自宅まで戻りました。ところが警察から電話が来て当て逃げのことを知らされ、そこで初めて自動車の異変に気づきました。目撃者がいてその人が警察に通報してくれていたんだとか。修理代も回収できて不幸中の幸いでした。

シャシのサビ
シャシのサビは甘く見られません。シャシは交換ができないので、さびなどで穴が空いたり、折れたりすれば、板金や溶接で直さなければいけません。ですので、錆びさせない対策が重要です。特に積雪地などでは、融雪剤がサビの原因になるので、注意が特に必要です。

Copyright © 2007-2013 中古車|買取|廃車|車検|自動車なんでも聞いて. All rights reserved