Line

アメ車の中古車選び



アメ車(アメリカ製の車)は世界的にすごく人気がある自動車です。 ところが、中古車を選ぶときにアメ車を敬遠する人も多いです。 あなたはアメ車にどんなイメージを持っていますか?
アメ車といえば、キャデラックやシボレー、クライスラー、ハマーといった車が定番だと思います。
もちろん車種にもよりますが、アメ車って、ベンツやBMW等のドイツ車よりも比較的お手頃価格で手に入る場合が多いということは知っていますか?

ただ、先ほども少し触れたように、中にはアメ車の中古車を敬遠する人も多いです。 なぜだと思いますか? それはアメ車には壊れやすいというイメージがあるからです。
このイメージは果たして正しいのでしょうか? アメ車のほうが日本車より「エンジン」や「ボディ」の耐久性が優れていると言われています。 ではなぜアメ車に壊れやすいというイメージが付いたのでしょうか? それは、「メーターの巻き戻し」が関係しているそうです。
アメ車の中古車を輸入する際に、なんとメーターの巻き戻しが行われている場合があるのです。 メーターの巻きも戻しはもちろん不正なことです。あってはならないことです。 今は取締りが厳しいので減ったようですが、過去においては結構あったようですよ。
ひどい場合は10万キロ以上の巻き戻しがあったりします。 すごく残念なことですが。
こういう状況の中で、「見た目の走行距離(=巻き戻されたメーター)の割りには壊れやすい」と認識されるようになったようです。 メーターの巻き戻しは過去においてはアメ車に限ったことではなかったようですが、アメ車はとくに目立ったのかもしれませんね。
とにかく、アメ車でも不正を行わないようなちゃんとしたお店で選べば、中古車であろうと状態がよく長持ちする自動車を手に入れることができます。

中には輸入車にPL保険をかけていることがあります。 アメ車を中古車から選ぶ場合は、PL保険をかけている販売店で購入するとより安心できるでしょう。
車の故障によって被害を受けたとき、製品に欠陥があることと、その欠陥と損害の因果関係が証明されれば損害賠償を受けることができます。

アメ車の中古車選びでは一つ注意したいことがあります。 それは車体のさびです。
アメ車の輸入車は船で日本に運ばれてくることが多いです。 長い時間船に積まれて海上にあるため、車体がさびている場合があります。
アメ車は日本車に比べると、整備されていない道を走ることも多いです。 車体の下の方に傷が多い傾向があることを見落としてはいけません。 購入前は車体の下にも目を向けましょう。


Line


中古車を買う

気になる記事ピックアップ

下取りの苦い体験
自動車の買い替えで、次の自動車をかう車屋さんに、それまでの愛車を下取りしてもらうことは多いと思います。.....

ボディの小さなキズ
中古で購入した愛車。よく見ると小さなキズが見つかりました。ちょっとくぼんだところとか、髪の毛くらいのキズとか。遠目には気づかなくても、よくよく近づくと分かるキズ。購入時は浮かれてたせいか、あまり見えませんでしたが、気になりだすと気になるキズなのでした。

タイヤの破損
昔と違って道路の舗装が進んだおかげで、パンクすることが少なくなったと思います。タイヤ交換をほとんど経験したことのないドライバーも多いと思います。それでもタイヤが破損することはあります。例えば縁石への乗り上げですね。夜間の走行や、スピードの出しすぎなどが原因のことが多いみたいです。

電動ドアの故障
電動ドアの故障も大変です。普段は便利な電動のスライドドアですが、故障したときには面倒です。あけようとしたときに少しだけ開いて、止まってしまい、電動のままではきちんと閉まることもできなくなったり。手動で閉めてもセンサーが働いて半ドアの警告をし続けることも。しっかり修理が必要です。

車のキュルキュル音
車の走行中やアイドリング中にキュルキュル音がすることがあります。ファンベルトなどに緩みがでたりすると、こういう音がすることもあります。甲高い耳障りな音なので、プロにチェックしてもらうといいでしょう。ただ経験上では、放っていおいても暫くすると自然に消えたこともあります。

Copyright © 2007-2017 中古車|買取|廃車|車検|自動車なんでも聞いて. All rights reserved