Line

愛車の維持管理



愛車は適切に維持管理して乗ることが故障も少なく気持ちよく乗り続けるコツです。 愛車を手放すときも適切に維持管理していた自動車のほうが高く売れるのは当たり前のことですね。

愛車の維持管理とは、例えば消耗品のチェックですね。 オイルやオイルエレメント、冷却水、などなど。 傷つけたときのこまめな修理や、調子が悪いときの点検など、定期的なものや状況に応じた維持管理はとても大切です。

問題なく自動車を利用し、それなりに維持管理をしている場合には、車検と車検の間は一度も整備工場に行ったことが無いという人も多いでしょう。

愛車の洗車も気持ちよく愛車を乗るにはとても重要ですね。 また洗車をすることで車体をくまなく目にすることになりますので、愛車の異常にも気がつきやすくなることでしょう。

愛車への日々の心がけはとても大事なことです。

Line


愛車の整備

気になる記事ピックアップ

車のキュルキュル音
車の走行中やアイドリング中にキュルキュル音がすることがあります。ファンベルトなどに緩みがでたりすると、こういう音がすることもあります。甲高い耳障りな音なので、プロにチェックしてもらうといいでしょう。ただ経験上では、放っていおいても暫くすると自然に消えたこともあります。

電動ドアの故障
電動ドアの故障も大変です。普段は便利な電動のスライドドアですが、故障したときには面倒です。あけようとしたときに少しだけ開いて、止まってしまい、電動のままではきちんと閉まることもできなくなったり。手動で閉めてもセンサーが働いて半ドアの警告をし続けることも。しっかり修理が必要です。

ブレーキの消耗
ブレーキ部分の消耗部品としてブレーキパッドなどがあります。通常は磨り減ってなくなる前に車検などのタイミングで交換しますが、早すぎる交換はもったいない気もします。自動車の使用頻度によっては、まだまだ大丈夫の人もいるからです。ちなみにパッドがなくなると、ブレーキ時に雑音がしたり、ふみ応えが悪くなります。

タイヤの破損
昔と違って道路の舗装が進んだおかげで、パンクすることが少なくなったと思います。タイヤ交換をほとんど経験したことのないドライバーも多いと思います。それでもタイヤが破損することはあります。例えば縁石への乗り上げですね。夜間の走行や、スピードの出しすぎなどが原因のことが多いみたいです。

ボディの小さなキズ
中古で購入した愛車。よく見ると小さなキズが見つかりました。ちょっとくぼんだところとか、髪の毛くらいのキズとか。遠目には気づかなくても、よくよく近づくと分かるキズ。購入時は浮かれてたせいか、あまり見えませんでしたが、気になりだすと気になるキズなのでした。

Copyright © 2007-2013 中古車|買取|廃車|車検|自動車なんでも聞いて. All rights reserved