Line

愛車の維持管理



愛車は適切に維持管理して乗ることが故障も少なく気持ちよく乗り続けるコツです。 愛車を手放すときも適切に維持管理していた自動車のほうが高く売れるのは当たり前のことですね。

愛車の維持管理とは、例えば消耗品のチェックですね。 オイルやオイルエレメント、冷却水、などなど。 傷つけたときのこまめな修理や、調子が悪いときの点検など、定期的なものや状況に応じた維持管理はとても大切です。

問題なく自動車を利用し、それなりに維持管理をしている場合には、車検と車検の間は一度も整備工場に行ったことが無いという人も多いでしょう。

愛車の洗車も気持ちよく愛車を乗るにはとても重要ですね。 また洗車をすることで車体をくまなく目にすることになりますので、愛車の異常にも気がつきやすくなることでしょう。

愛車への日々の心がけはとても大事なことです。

Line


愛車の整備

気になる記事ピックアップ

ローンが残っている愛車を売る
愛車のローンが残っている場合、簡単に売ることはできません。 なぜならあなたの愛車の所有者は書類上あなたになっていません。 おそらく、あなたの.....

車内のニオイ
普段から注意しないと車内には嫌なニオイが残ることがあります。タバコやペットは誰しも気をつけると思いますが、そのほか、食べ物、飲み物の片付けそこなったものや、ゴミ箱に残されたゴミなど。つい片づけを後回しにする、嫌なニオイの原因になることもあるのでした。

フロントガラスのキズ
飛び石などがあたってフロントガラスにキズができることがあります。ほうっておくと、走行時の振動などでキズが広がっていくことがあります。そうならないために、小さい傷は早めにリペアすることが大事です。リペアグッズもありますが、プロのリペアを利用するほうが安心かもしれません。

タイミングベルト
国道を走行中にエンジン内のタイミングベルトが切れて、急にエンジンが止まってしまったことがあります。最初はガス欠を疑いましたが、ガソリンはたっぷり入っているのに、エンジンがかかりません。惰性で近くのスタンドまで到達できたので、そこで見てもらったが、結局レッカーされて修理工場送りとなったのでした。

マフラーとエンジン音
マフラーが腐食して穴が空いたりすると、エンジン音はひどい騒音になることも。早めに交換が必要ですが、マフラーの取換え修理ってけっこうな出費です。今後どの程度愛車を乗るかにもよりますが、もし長く乗らないのなら、中古部品も検討してみるのがいいでしょう。

Copyright © 2007-2013 中古車|買取|廃車|車検|自動車なんでも聞いて. All rights reserved