Line

チャンスはモデルチェンジ後



自動車ってたぶん思っている以上に頻繁にモデルチェンジを行っています。 モデルチェンジといっても、あまり目立たないマイナーチェンジも含まれますが、大々的な大きな変更のモデルチェンジも意外によくあるものです。

モデルチェンジの周期はどのくらいか? もちろん車種によって異なるのはいうまでも無いですが、一般的に自動車では4年に一度はモデルチェンジがあると言われています。 それだけ頻繁に新型車が発売されているんです。

モデルチェンジした後の自動車は基本的に性能も機能も進化し、前モデルより充実しています。 とはいえ、日常の運転が劇的に変わるというような革新的な変更があることはまれです。 それでもモデルチェンジを行うと、新型車に対して大々的に広告をしたりしてモデルチェンジの認知度はどんどん広がっていきます。

自動車がモデルチェンジをすると、モデルチェンジ前の旧型はどうなるでしょうか? 中古車として市場に出回ります。

ちなみに中古車を購入するタイミングは、モデルチェンジ後が一番おいしいといわれています。 それは中古車であっても、型落ちの影響は気になるほど大きくないことが多いです。 デザイン的には確かに区別されますが、機能面で気になるほどの変化は案外ないことが少なくないんです。

一方でモデルチェンジが行われると、その影響は価格に現れます。 大きく値下げされるのです。 数万円~10万円以上値を下げる場合もあります。
とはいえ、モデルチェンジ直後に下がるわけではありません。 だいたい目安としてはモデルチェンジ後3ヵ月くらいまで待ては安くなるでしょう。

モデルチェンジ前の旧型のモデルは、新しいモデルが売れるに連れて、需要は減る一方です。 ですので販売店からすると「売れるうちに売っておきたい」という本音が働きます。 そういう心理から新型車がでると、古いモデルの中古車が安くなるのです。

もともとが100万円を切る価格帯の中古車なら、それほど大きく値引きされた実感が少ないかもしれませんが、200万円を超えるような中古車なら、モデルチェンジ後の値引きはかなり魅力的なレベルであることもあります。
ということで中古車を購入では、タイミング的にモデルチェンジ後を待つか、もしくは、最近モデルチェンジがあった車種の中古車を狙うというのは、すごくいい作戦でしょう。

自分の欲しい車でモデルチェンジの情報があるときは、もう少し待ってみましょう。 いいものをできるだけ安く買える可能性が高まります。

Line


自動車を買う

気になる記事ピックアップ

高く売る方法(査定時)
◎洗車・掃除◎見た目の第一印象は非常に重要です。 査定前に洗車や掃除を徹底的にやるといい結果につながってくると思います。.....

シャシのサビ
シャシのサビは甘く見られません。シャシは交換ができないので、さびなどで穴が空いたり、折れたりすれば、板金や溶接で直さなければいけません。ですので、錆びさせない対策が重要です。特に積雪地などでは、融雪剤がサビの原因になるので、注意が特に必要です。

駐車場で当て逃げ
ショッピングセンターで買い物して、自動車に戻ってくると、ぶつけられて、片側のヘッドライトが粉々になるほどの状況でした。ただあたりが暗くて、気づかないまま自宅まで戻りました。ところが警察から電話が来て当て逃げのことを知らされ、そこで初めて自動車の異変に気づきました。目撃者がいてその人が警察に通報してくれていたんだとか。修理代も回収できて不幸中の幸いでした。

エンジンのパワー
車を運転していて何気に、パワーにむらを感じるときがあります。追越など、加速が欲しい時に、なかなか加速してくれない事もあります。上り坂で予想以上にパワー不足を感じることも。エンジンも調子のいいときと、悪いときがあるみたいです。そんなときは、エアコンを切ったり、バッテリーの負担を減らすと復活することもあるのでした。

事故車や走行不能車でも
事故車や走行不能車でもあきらめるのは早いです。 修理前の事故車や走行不能車の買い取り査定を行っているサービスがあるからです。修理せずに買取し.....

Copyright © 2007-2017 中古車|買取|廃車|車検|自動車なんでも聞いて. All rights reserved