Line

燃費で中古車選び



自動車の維持費を考えると、自動車選びで燃費がとても重要です。 安いガソリンスタンドを探すのに比べ、ずっと確実にガソリン代をおさえることができます。 環境配慮という面でも、燃費の良い自動車を選ぶことはとても良い事です。 中古車選びでも燃費はおろそかにできません。

中古車の場合、新車に比べるとどうしても燃費は落ちてしまいます。 これはしょうがないですね。 でも、基本的に新車で燃費の良い自動車は、中古車になっても燃費はよいので、新車における燃費の良し悪しはとても重要なチェックポイントになります。

中古車選びの前に、燃費がよい車種を調べておくといいですね。

燃費を最優先に考えるなら、まず検討すべきは軽自動車です。 軽自動車の場合さらに税金が安かったり何かと維持費の面で有利なことが多いです。
ただし、軽自動車はコンパクトカーと比べるとパワーに欠ける部分もありますので、重い荷物を載せたりすると燃費が悪くなる場合もあります。
利用者の使い方次第ではありますが、軽自動車よりコンパクトカーの方が燃費がよい場合もあります。 コンパクトカーの中で燃費がよい自動車といえば「フィット」や「ヴィッツ」があります。
自分がどのような使い方(一回の走行距離や高速運転の頻度、普段の乗員数、荷物の多寡など)をよく考えて軽自動車かコンパクトカーかを選びたいですね。

燃費の良さといえば、忘れられないのがトヨタの「プリウス」。 プリウスといえばハイブリッドカーのはしりです。 燃費のよさを比較したランキングがあれば必ず上位に入ってきます。
ところで「ハイブリットカー」とはエンジンと電気モーターの二つを組み合わせて効率的に駆動力を得るタイプの自動車です。 地球温暖化など環境配慮の上でも期待度の高いハイブリッドカーです。 プリウスの他にもハイブリッドカーは広がっています。
トヨタの場合なら「プリウス」や「エスティマ」などのハイブリットカーが燃費的におススメです。
同じトヨタでも「ランドクルーザー」や「セルシオ」などは逆に燃費が良くないと言われています。 自動車のコンセプトが全く異なりますからね。
つまり燃費の良し悪しは車種のコンセプトにもよります。 従ってこの会社だから燃費がよいと言うわけではないです。 思い込みは禁物です。

Line


中古車を買う

気になる記事ピックアップ

下取りの苦い体験
自動車の買い替えで、次の自動車をかう車屋さんに、それまでの愛車を下取りしてもらうことは多いと思います。.....

ボディの小さなキズ
中古で購入した愛車。よく見ると小さなキズが見つかりました。ちょっとくぼんだところとか、髪の毛くらいのキズとか。遠目には気づかなくても、よくよく近づくと分かるキズ。購入時は浮かれてたせいか、あまり見えませんでしたが、気になりだすと気になるキズなのでした。

タイヤの破損
昔と違って道路の舗装が進んだおかげで、パンクすることが少なくなったと思います。タイヤ交換をほとんど経験したことのないドライバーも多いと思います。それでもタイヤが破損することはあります。例えば縁石への乗り上げですね。夜間の走行や、スピードの出しすぎなどが原因のことが多いみたいです。

電動ドアの故障
電動ドアの故障も大変です。普段は便利な電動のスライドドアですが、故障したときには面倒です。あけようとしたときに少しだけ開いて、止まってしまい、電動のままではきちんと閉まることもできなくなったり。手動で閉めてもセンサーが働いて半ドアの警告をし続けることも。しっかり修理が必要です。

車のキュルキュル音
車の走行中やアイドリング中にキュルキュル音がすることがあります。ファンベルトなどに緩みがでたりすると、こういう音がすることもあります。甲高い耳障りな音なので、プロにチェックしてもらうといいでしょう。ただ経験上では、放っていおいても暫くすると自然に消えたこともあります。

Copyright © 2007-2013 中古車|買取|廃車|車検|自動車なんでも聞いて. All rights reserved