Line

燃費で中古車選び



自動車の維持費を考えると、自動車選びで燃費がとても重要です。 安いガソリンスタンドを探すのに比べ、ずっと確実にガソリン代をおさえることができます。 環境配慮という面でも、燃費の良い自動車を選ぶことはとても良い事です。 中古車選びでも燃費はおろそかにできません。

中古車の場合、新車に比べるとどうしても燃費は落ちてしまいます。 これはしょうがないですね。 でも、基本的に新車で燃費の良い自動車は、中古車になっても燃費はよいので、新車における燃費の良し悪しはとても重要なチェックポイントになります。

中古車選びの前に、燃費がよい車種を調べておくといいですね。

燃費を最優先に考えるなら、まず検討すべきは軽自動車です。 軽自動車の場合さらに税金が安かったり何かと維持費の面で有利なことが多いです。
ただし、軽自動車はコンパクトカーと比べるとパワーに欠ける部分もありますので、重い荷物を載せたりすると燃費が悪くなる場合もあります。
利用者の使い方次第ではありますが、軽自動車よりコンパクトカーの方が燃費がよい場合もあります。 コンパクトカーの中で燃費がよい自動車といえば「フィット」や「ヴィッツ」があります。
自分がどのような使い方(一回の走行距離や高速運転の頻度、普段の乗員数、荷物の多寡など)をよく考えて軽自動車かコンパクトカーかを選びたいですね。

燃費の良さといえば、忘れられないのがトヨタの「プリウス」。 プリウスといえばハイブリッドカーのはしりです。 燃費のよさを比較したランキングがあれば必ず上位に入ってきます。
ところで「ハイブリットカー」とはエンジンと電気モーターの二つを組み合わせて効率的に駆動力を得るタイプの自動車です。 地球温暖化など環境配慮の上でも期待度の高いハイブリッドカーです。 プリウスの他にもハイブリッドカーは広がっています。
トヨタの場合なら「プリウス」や「エスティマ」などのハイブリットカーが燃費的におススメです。
同じトヨタでも「ランドクルーザー」や「セルシオ」などは逆に燃費が良くないと言われています。 自動車のコンセプトが全く異なりますからね。
つまり燃費の良し悪しは車種のコンセプトにもよります。 従ってこの会社だから燃費がよいと言うわけではないです。 思い込みは禁物です。

Line


中古車を買う

気になる記事ピックアップ

事故車や走行不能車でも
事故車や走行不能車でもあきらめるのは早いです。 修理前の事故車や走行不能車の買い取り査定を行っているサービスがあるからです。修理せずに買取し.....

エンジンのパワー
車を運転していて何気に、パワーにむらを感じるときがあります。追越など、加速が欲しい時に、なかなか加速してくれない事もあります。上り坂で予想以上にパワー不足を感じることも。エンジンも調子のいいときと、悪いときがあるみたいです。そんなときは、エアコンを切ったり、バッテリーの負担を減らすと復活することもあるのでした。

ブレーキのトラブル
ブレーキ関係のトラブルは大きな事故につながりやすいので注意が必要です。よく知られるトラブルとしては、雨天時の路面でスピードを出すことで起こりやすいハイドロプレーニングでしょう。また長い下り坂で、加熱したブレーキが原因のトラブルもあります。安全運転には忘れられない基本です。

駐車場で当て逃げ
ショッピングセンターで買い物して、自動車に戻ってくると、ぶつけられて、片側のヘッドライトが粉々になるほどの状況でした。ただあたりが暗くて、気づかないまま自宅まで戻りました。ところが警察から電話が来て当て逃げのことを知らされ、そこで初めて自動車の異変に気づきました。目撃者がいてその人が警察に通報してくれていたんだとか。修理代も回収できて不幸中の幸いでした。

シャシのサビ
シャシのサビは甘く見られません。シャシは交換ができないので、さびなどで穴が空いたり、折れたりすれば、板金や溶接で直さなければいけません。ですので、錆びさせない対策が重要です。特に積雪地などでは、融雪剤がサビの原因になるので、注意が特に必要です。

Copyright © 2007-2017 中古車|買取|廃車|車検|自動車なんでも聞いて. All rights reserved