Line

スポーツカーの中古車選び



スポーツカーは一般的に高額です。 しかも実用で考えると不便を感じることが多いです。 スポーツカーはまさに走りや趣味を最優先にした自動車です。 そのためスポーツカーファンでもなかなか手が出ないという人は多いです。
スポーツカーといえば男性ファンが多いですが、多くのスポーツカーファンにとってスポーツカーは憧れの自動車ですね。

スポーツカーを新車でポンと買うには相当の経済力が必要です。 ですので、多くのスポーツカーファンが実際にスポーツカーの購入を考える場合、中古車でと言う人は多いです。
新車のスポーツカーは高いと1000万を超えてしまいます。
中古車であれば多少安くはなりますが、それでも100万を切るスポーツカーを見つけるのはなかなか至難の業でしょう。

スポーツカーは「スピード感」や「乗り心地」が普通の車とは全然違います。
スポーツカーはデザイン的にも格好良く、純粋にドライブが好きな人にはもってこいの車です。 特に晴れた日には、オープンカーにして青空を視界に外の空気に触れながら走るとすごく気分がいいことでしょう。
スポーツカーを選ぶ人は、自動車に対して実用性より趣味をより強く求めています。

スポーツカーは国産にもいろいろあります。 スポーツカーの中で馬力があると言われている車種は、三菱の「ランサー」やトヨタの「ソアラ」、ホンダの「NSX」などがあります。
日産の「フェアレディ」や、マツダの「ロードスタークーペ」はスポーツカーの初心者でも乗りこなせると言われています。
初心者が失敗しないためには、まずは中古車で安く乗りやすいスポーツカーを選ぶのがいいでしょう。

スポーツカーの中古車選びでは、ついつい国内車より輸入車の方に目がいってしまうかもしれませんね。
「フェラーリ」や「ポルシェ」といった憧れの輸入車には自然に目がいってしまいます。 これらの輸入車にも中古車があります。

ちなみに有名な赤のフェラーリは例え中古車でも安くても1000万円超だそうです。 なかなか容易に手に入るものではないですね。
一方、ポルシェの場合は500万以内で済むので、フェラーリに比べると輸入車にしてはお手ごろでしょうね。 お手ごろといっても500万は結構な額ですね。
安い買い物ではないですので、信頼のおける販売店選びから始めることが大切です。

Line


中古車を買う

気になる記事ピックアップ

ローンが残っている愛車を売る
愛車のローンが残っている場合、簡単に売ることはできません。 なぜならあなたの愛車の所有者は書類上あなたになっていません。 おそらく、あなたの.....

車内のニオイ
普段から注意しないと車内には嫌なニオイが残ることがあります。タバコやペットは誰しも気をつけると思いますが、そのほか、食べ物、飲み物の片付けそこなったものや、ゴミ箱に残されたゴミなど。つい片づけを後回しにする、嫌なニオイの原因になることもあるのでした。

フロントガラスのキズ
飛び石などがあたってフロントガラスにキズができることがあります。ほうっておくと、走行時の振動などでキズが広がっていくことがあります。そうならないために、小さい傷は早めにリペアすることが大事です。リペアグッズもありますが、プロのリペアを利用するほうが安心かもしれません。

タイミングベルト
国道を走行中にエンジン内のタイミングベルトが切れて、急にエンジンが止まってしまったことがあります。最初はガス欠を疑いましたが、ガソリンはたっぷり入っているのに、エンジンがかかりません。惰性で近くのスタンドまで到達できたので、そこで見てもらったが、結局レッカーされて修理工場送りとなったのでした。

マフラーとエンジン音
マフラーが腐食して穴が空いたりすると、エンジン音はひどい騒音になることも。早めに交換が必要ですが、マフラーの取換え修理ってけっこうな出費です。今後どの程度愛車を乗るかにもよりますが、もし長く乗らないのなら、中古部品も検討してみるのがいいでしょう。

Copyright © 2007-2013 中古車|買取|廃車|車検|自動車なんでも聞いて. All rights reserved