Line

車検をお得に



車検は2年に1度(ただし、新車の場合は最初は3年間有効)に必要です。 車検というと高いというイメージがあると思います。 今では制度改正もあり、金額的にも安い車検が増えています。

いまどきの自動車は故障も少ないので、車検は整備の専門家に愛車を見てもらう数少ない機会の一つかもしれません。 そういう人は多いです。 あなたはどうですか?

ですので、安いという理由だけで車検は選べなかったりします。 そんなこともあり、昔ながらの高い車検を受け続けている人もいます。

確かに昔ながらの高い車検を利用すれば、整備的には満足のものに近いかもしれません。 でもこの場合、未だ使える部品が整備の際に交換されたりすることもあり、整備が過大と考える人も少なくありません。 もちろん交換するのには理由があります。つまり次の車検までに持たない部品を交換してしまうという考え方です。






Line


愛車の整備

気になる記事ピックアップ

事故車や走行不能車でも
事故車や走行不能車でもあきらめるのは早いです。 修理前の事故車や走行不能車の買い取り査定を行っているサービスがあるからです。修理せずに買取し.....

エンジンのパワー
車を運転していて何気に、パワーにむらを感じるときがあります。追越など、加速が欲しい時に、なかなか加速してくれない事もあります。上り坂で予想以上にパワー不足を感じることも。エンジンも調子のいいときと、悪いときがあるみたいです。そんなときは、エアコンを切ったり、バッテリーの負担を減らすと復活することもあるのでした。

ブレーキのトラブル
ブレーキ関係のトラブルは大きな事故につながりやすいので注意が必要です。よく知られるトラブルとしては、雨天時の路面でスピードを出すことで起こりやすいハイドロプレーニングでしょう。また長い下り坂で、加熱したブレーキが原因のトラブルもあります。安全運転には忘れられない基本です。

駐車場で当て逃げ
ショッピングセンターで買い物して、自動車に戻ってくると、ぶつけられて、片側のヘッドライトが粉々になるほどの状況でした。ただあたりが暗くて、気づかないまま自宅まで戻りました。ところが警察から電話が来て当て逃げのことを知らされ、そこで初めて自動車の異変に気づきました。目撃者がいてその人が警察に通報してくれていたんだとか。修理代も回収できて不幸中の幸いでした。

シャシのサビ
シャシのサビは甘く見られません。シャシは交換ができないので、さびなどで穴が空いたり、折れたりすれば、板金や溶接で直さなければいけません。ですので、錆びさせない対策が重要です。特に積雪地などでは、融雪剤がサビの原因になるので、注意が特に必要です。

Copyright © 2007-2013 中古車|買取|廃車|車検|自動車なんでも聞いて. All rights reserved