Line

車検をお得に



車検は2年に1度(ただし、新車の場合は最初は3年間有効)に必要です。 車検というと高いというイメージがあると思います。 今では制度改正もあり、金額的にも安い車検が増えています。

いまどきの自動車は故障も少ないので、車検は整備の専門家に愛車を見てもらう数少ない機会の一つかもしれません。 そういう人は多いです。 あなたはどうですか?

ですので、安いという理由だけで車検は選べなかったりします。 そんなこともあり、昔ながらの高い車検を受け続けている人もいます。

確かに昔ながらの高い車検を利用すれば、整備的には満足のものに近いかもしれません。 でもこの場合、未だ使える部品が整備の際に交換されたりすることもあり、整備が過大と考える人も少なくありません。 もちろん交換するのには理由があります。つまり次の車検までに持たない部品を交換してしまうという考え方です。






Line


愛車の整備

気になる記事ピックアップ

車のカラカラ音
起伏の大きい場所で、思いっきりクルマのハラを擦り、テンションが下がりました。しかも、その直後から、カラカラという音がしだして。整備工場に相談したら、マフラーをとめる金具がサビの影響もあって切れていました。整備士さんの機転で針金固定で大丈夫と言うことだったので、格安で修理ができテンションも戻ったのでした。

ウォッシャー切れ
意外と困るのがウォッシャー液がなくなったとき。天気のいい日や、完全な雨のときはあまり気にすることがないですが、フロントガラスの汚れが目立つようなコンディションの道路や天候のときのドライブでウォッシャー液が切れると安全運転に支障がでます。しっかり確認することが大事です。

プラグと燃費
エンジン内のプラグは燃費にも関わる非常に重要な部品です。プラグは一本ではなく、複数でセットです。通常交換するときは一本筒ではなく、全部を総取替えします。エンジンを見る機会として、車検のときに交換するのが一般的です。プラグを交換することで気分一新でエンジンも気持ちよくまた走れそうです。

ランプ切れ
テールランプの球切れは、なかなか気づきにくいです。ときどき点検するには、頻度も少なく、忘れた頃に切れるので面倒です。明るい道路ばかりを走っている人なら、ヘッドライトの球切れもなかなか気づかないこともあります。球切れってけっこう気づかれない故障の一つです。

バンパーのくぼみ
バンパーをどこにぶつけたのか、こぶし大よりちょっと大きいくぼみができました。でも知っている整備工場に持っていったら、タダであっという間に直してくれました。ボイラーで温めて、頃合を見て叩いてやったら自然にぼこっと戻ってきたのでした。見た目もほとんど後が分からないほどの仕上がりに驚いたのでした。

Copyright © 2007-2017 中古車|買取|廃車|車検|自動車なんでも聞いて. All rights reserved